カラスのヒナ

カラスの卵は青緑色で1日1つずつ卵を産みます。
ハシブトガラスは一回の繁殖期でおよそ3〜5個の卵を産みます。

以下は、私の持つ本の研究者の観察日記からわかったことです。

・卵がかえるまでにかかった時間・・・約20〜25日
・生まれたばかりのヒナは赤裸で声は出さない
・体色の変化(灰色)・声を出しはじめる・・・ふ化してから約7日〜10日後
・目が開く・黒い羽毛がはえはじめる・・・ふ化してから約10日〜15日後
・黒色の羽毛がだいぶはえ・カラスらしい声になる・・・ふ化してから約15日〜25日後
・羽ばたきをはじめる・・・ふ化してから約20日〜30日後
・ヒナが巣立つ・・・ふ化してから約30日〜45日後

カラスの巣立ちは、飛ぶというより巣から出て別の枝に飛び移るかんじのようです。
そうやって巣と枝の間を何度もいったりきたりを繰り返し、飛ぶ練習をするのだそうです。
もちろん、全部のヒナがじょうずに巣立ちができるわけではありません。
時には、じょうずに枝に移れず木から落ちてしまうヒナもいます。
もしも公園などでそんなヒナを見つけてしまった時は、ヒナにすぐ近寄らないようにしてください。
親鳥が襲ってくる危険性があります。
ヒナが危険な状況になった時の親鳥は、ヒナを守ろうとして大変攻撃的になりますので注意が必要です。
自治体もしくは専門業者に連絡をとり、ヒナを救っていただくのが最善かなと思います。

参考:わたしのカラス研究(柴田佳秀著)

 

 

 

 

 

カラス被害対策グッズバナー

カラス撃退グッズについて

カラス撃退グッズについて 記事一覧

カラスの疑問

カラスの疑問 記事一覧

カラス撃退グッズQ&A

カラス撃退グッズQ&A 記事一覧

カラスの生態

カラスの生態 記事一覧

Copyright(c) 2012 カラス対策グッズサイト All Rights Reserved.
カラス対策サイトでは見ただけでカラスが逃げ出す不思議なグッズ【カラスなぜ逃げる】を取り扱うサイトです。
ゴミ集積所・子供が遊ぶ公園・工場内・飲食店でのカラス被害にお困りの方は一度ご覧になってください。