有機野菜Q&A

冬に植える野菜はありますか?

家庭菜園では、基本的に冬は土づくりの時期とされています。来たる春に向けて、畑などのいらない物を処分したり整理したりなど準備期間になることが多いです。理由はいわずもがな、雪や霜が降ったり、気温が低いためせっかく植えても発芽しにくい為です。ですので、来春に収穫したい場合は遅くても11月には済ませておくのが良いとされています。それじゃあ、やっぱり冬に植えるのはダメなんだーと思った人、がっかりしないでください。場所によっては冬に植えても大丈夫な野菜もあります。たとえばホウレンソウやコマツナ、ミズナなどの葉物野菜がそれです。これらは寒さに強い品種なので、関東より南部の地域ならば植え付けしても大丈夫。また、寒い時期に育てることの利点として害虫などの被害に遭いにくいというのもあります。夏場などは盛んな害虫ですが、寒いと害虫も出てこないので野菜も病気になりにくく安心して育てることができるますね。ちなみに寒さに強い品種の代表としてホウレンソウならアンナ、コマツナなら新晩生小松菜があります。同じホウレンソウでも品種によって特性がありますので良く見て購入してくださいね。

 

 

種と苗どちらを選べば良い?

特に野菜作り初心者の方は、種と苗どちらを買うかで迷うことがあると思います。
種も苗も野菜作りの素となるものですので、これで良い野菜が作られるかどうかが決まるといっても過言ではない、とても重要なものです。
さて種と苗、どちらを選ぶか。
初心者の方は、苗があるものは苗から始められることをオススメしています。
なぜかというと、種をまいてから苗の状態に育つまでの期間が一番デリケートで難しいとされる期間だからです。ものによっては、水や温度など調整が必要で素人の方では種から育てるのは難しい野菜もあります。
市販で売られている苗は、プロの方が上手に苗まで育てたものですから野菜作りが成功しやすいといえます。
ただ、どの野菜も苗から売っているかというとそうではありません。
たとえば、苗に育つまでにほとんど手間がかからないものや移植の際に傷みやすいものは種しか売っていないことがあります。
種からはじめる代表的なものとして、ダイコン・ニンジン・ホウレンソウ・コマツナ・カブ・ハクサイ・トウモロコシ・エダマメなどがあります。
また、苗からはじめる代表的なものには、トマト・ナス・キュウリ・ピーマン・トウガラシ・イチゴなどがあります。
初心者の方は、苗があるものは苗から苗がないものは種から育ててみられることをオススメします。
また、野菜作りに慣れてきたら苗から作っていたものを種から育ててみるというのも楽しいかもしれませんね。

ガーデニングについてはこちらを参考にするといいですよ。
http://pdftoword2995.com/gardening/gardening

 

野菜作りに必要な道具って何?

野菜作りをしたい!でも、何を用意すればいいの?と思う方の為に簡単ではありますが、野菜作りに必要な道具の紹介をしたいなと思います。
その前に、野菜をどこで作るかによっても多少必要なものが違ってきますのでここではおおまかに「庭・畑などの土地で作る場合」と「プランターで作る場合」に分けてご紹介します。

「庭・畑などで野菜を作る場合に必要な道具」
・くわ・シャベル(大)・スコップ(小)・かま・草かき・じょうろ・ホース・はさみ・霧吹き・ふるい・支柱・ひも・バケツ・板・マルチシート(マルチフィルム)・寒冷紗・軍手(又は手袋)・長靴

「プランターで野菜を作る場合に必要な道具」
・スコップ(小)・じょうろ・はさみ・霧吹き・ふるい・支柱・ひも・バケツ・板・土いれ・鉢底ネット・ピンセット・軍手(または手袋)

大体こんなものだと思います。
けれども、野菜によっては不必要なものであったり、また他のもので代替えできるものもあるはずなので作る際に一度に道具をそろえる必要はありません。
必要に応じて買い足したりなどしながら上手に野菜作りをしていってほしいなと思います。

 

野菜作りが初めての人にオススメの野菜は?

家庭菜園に興味があるけれど、難しそう・・・とお考えの方は少なくないと思います。そんな野菜作り初心者の方には、失敗しにくい野菜を育てることから始められることをオススメしています。
では、失敗しにくい=成功しやすい野菜とは、どんな野菜でしょうか。
それは、比較的、害虫の被害に遭いにくく少し位ほっといても大丈夫な野菜達です。
具体的にいうと、ミニトマト・ピーマン・シシトウ・トウガラシ・ホウレンソウ・コマツナ・カブ・ジャガイモ・サツマイモなどです。
特に、ベランダなどで気軽に作ることができるミニトマトは人気もあり、オススメです。
トマトは、もともと荒れ地でも育つ性質を持っているので、多少放っておいても大丈夫。大きなサイズのトマトは完熟させるまでに難しいこともありますが、ミニトマトなら小さいので難しいこともなく作ることができます。また、ご自分で作ったミニトマトですと肥料などの面でも安心して食べることもできますし、食卓を彩るのにも最適ですよね。
野菜作り、してみたいけど難しそうだなと思う方は是非簡単にできるものからチャレンジしてみてください。

 

有機野菜と無農薬野菜の違いは?

無農薬野菜とは、その名のとおり農薬を一切使わないで作られた野菜のこと。農薬または化学肥料を使用しない栽培方法によってつくられた野菜のことをいいます。それに対して有機野菜とは、農薬、化学肥料、土壌改良剤を3年間使用せず、堆肥(たいひ)で土づくりされた畑地で、有機肥料を使ってつくられた野菜のことをいいます。

 

有機野菜は美味しい?

有機野菜は、農薬や化学肥料を使用しない為、微生物が土の中の有機物を分解したくさんのミネラル分をうみだしてくれます。
このミネラルが豊富な土を健康な土と言います。健康な土で作られた有機野菜は、農薬や化学肥料が使用されている野菜に比べ、野菜本来の味がします。
野菜本来の味とは、甘味、旨味、コクといった野菜の濃い味です。
また、農薬や化学肥料を使っていないので安心して皮ごと食べることもできます。皮には必要な成分が集中しており、栄養価が高いといわれています。例えば、サツマイモは皮の近くに食物繊維やカルシウム、鉄、マグネシウムなどが豊富に含まれています。農薬や化学肥料がたっぷり使われている野菜は、見た目は美しいですが皮ごと食べるのは抵抗がある場合もあるかなと思います。その点、有機栽培は安心して皮ごと食べることができます。
有機野菜は美味しい、安全、健康な食品といえると思います。体を作るもとである食品は、できるだけ良いものを積極的に摂りたいですね。

 

有機野菜の良いところ、悪いところは?

有機野菜の魅力は、なんといっても栄養価が高いことです
土の中に住む菌類・細菌・微生物などの力を利用して野菜を栽培する有機農法で作られた野菜は、土中の様々なもの(動植物の死骸や糞など)を分解し、土を植物の成長にとって必要な肥料に変えます。そして、その菌類によって作られたミネラル類や微量成分が野菜に吸収されるため、栄養価が高くなります。このようにして自然の昔ながらの方法で作られた野菜(有機野菜)は、通常の肥料などを使った野菜に比べえ有害なミネラル(アルミニウム、鉛、水銀)は0.7倍に下がり、有益なミネラル(鉄、亜鉛、カルシウム、マグネシウム・・・)などは2倍近くに増るというデータもあります。加えてビタミン類も有機野菜の方が、通常のものに比べて1.5倍ぐらいあるといわれています。対して、良くない点としては通常のものに比べると病害虫が発生しやすいなど栽培が困難な点と見栄えなのではないかなと思います。

 

有機野菜ってなに?

有機野菜とは、種をまく前2年以上(多年生の植物から収穫される農産物は3年以上)と栽培期間中の畑に、化学肥料および農薬を使わずに育てたことが、農林水産省のJAS認定法によって証明された野菜のことです。
JAS有機認証の申請には、ほ場、栽培場ごとの栽培記録や作業記録を書類にして提出することが義務付けされているので、届けられる野菜が、どの畑でどのように栽培されたのかもきちんと記録が残されています。
このようになかなか認定を受けるのが大変な野菜ですが、自然の力で出来た野菜ですのでそこには、人間が本来必要とする栄養が沢山含まれています。また安心、安全性が守られているので子供から大人まで安心して食べることができます。

有機JAS規格を満たす農産物などには右下のマークが添付されます。有機JASマークが付されていない農産物と農産物加工食品には「有機野菜」「有機○○」「有機栽培」「オーガニック」などと表示することができません。

 

Copyright(c) 2012 有機栽培・肥料の強い味方:つるぎのちから All Rights Reserved.